トップ > 価格別 > 500円未満 > ひね壬生菜ぬか漬
定番のお漬物 > ひね壬生菜ぬか漬
特集 > ひね壬生菜ぬか漬
ご自宅用 > ひね壬生菜ぬか漬
ひね壬生菜ぬか漬 > ひね壬生菜ぬか漬
ぬか漬けラボ > ひね壬生菜ぬか漬

ひね壬生菜ぬか漬

1.みぶなとは

1800年代頃から壬生狂言で有名な中京区の壬生寺付近で
多く作られていたのが名前の起源と言われています。

壬生菜は水菜と違って、葉にギザギザの切れ込みがなく、
細長くヘラのような形をしています。

また水菜には無い、少しピリッとくる辛味と香気があり、
千枚漬けの添え物等にも利用されています。

2.壬生菜の収穫

2.壬生菜の収穫

2.壬生菜の収穫

2.壬生菜の収穫

9月末に種を蒔き、2月下旬から3月にかけて収穫した、みずみずしい壬生菜を使用します。

3.ひね壬生菜の漬け込み

収穫された壬生菜を綺麗に水洗いして、漬け込み樽に丁寧に並べて行きます。

ある程度並ぶと、上から塩と米糠を振りかけて行きます。

この作業を繰り返し、漬け樽の中に壬生菜、塩、米糠のミルフィーユを

作るのです。

これが出来上がると、樽の上に漬物石を置いて漬け込めば出来上がります。

4.召し上がり方

細かく刻み、よく絞って水をきります。

お好みで、土生姜・醤油などをつけていただくと、一層風味がまします。

ウコンの香りと時間をかけた発酵により醸し出された酸味と

シャリシャリした食感でご飯がすすみます。

5.美味しい調理例

細かく刻んだひね壬生菜をご飯に混ぜておにぎりにして頂きますと、

美味しく召し上がって頂けます。

京都の伝統野菜である「壬生菜」を糠漬けにしました。
自家農園育ちの美味しさをご賞味ください。
【賞味期限】到着後の約90日間です
【内容量】200g
商品コード : 9210
価格 : 486円(税込)
ポイント : 20
数量
 

ひね壬生菜ぬか漬

会員限定 10,800円以上で送料無料!(通常配送料540円※北海道・沖縄・一部離島除く

    
かごに入れる すぐに購入
    
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
ページトップへ
Copyright © 株式会社もり. All Rights Reserved.